INTERVIEW

【インタビュー】煎茶の楽しさを広める―MY SENCHA SALON主宰・島村満穂さん【前編】

yukiishihara
Written by yukiishihara

0228yuki1

 

日本人にとって、なじみ深い“煎茶”。

一般財団法人煎茶道三癸亭賣茶流』の広報であり、『MY SENCHA SALON』というテーブル煎茶教室を通して、現代的な煎茶道のお点前の普及に努めている島村満穂さんは、現在、広島と東京を行き来しながら、煎茶道の魅力を新しいスタイルで伝え、様々な煎茶のイベントを開催しています。

テーブル煎茶レッスンや茶器のプロデュース、和菓子ビュッフェと点前(てまえ)ライブを楽しむケータリング煎茶サービスの展開など、伝統を大切にしながら、煎茶道の新たな道を広げている仕事の様子やライフスタイルを、たっぷりとお話いただきました。

現代風にアレンジした「テーブル煎茶」とは

0228yuki2

 

――“オリンピック前に日本人が知っておくべき、2種類の茶道とは?”では、煎茶と抹茶の違いについて教えていただきました。では、煎茶の伝統的な洋風のお点前から一歩進み、さらに現代風にアレンジした「テーブル煎茶」を行う満穂さんのクラスでは、実際にどのようなレッスンを行っているのですか?私の所属する流派には、「いつでも、どこでも、誰でもできる煎茶道」というモットーがあります。その考え方をアレンジして、初めて煎茶道に触れる方も気軽に体験できるように、テーブルのみのカジュアルな点前レッスンを行っています。

もともと「家のどこかに自分好みの可愛い茶具が揃えてあって、お客様がいらっしゃるとき、すぐに一煎お出しできたら素敵だな」と、漠然と思っていました。その思いを形にしたレッスンなので、いらしていただくと、煎茶道に対して敷居が高いというイメージはなくなると思いますよ。大切な人と、美味しい煎茶と会話を楽しむ時間が、生活の一部になってほしいと願っています。

転機は、自分に最適なタイミングで訪れるもの

20150507yuki8

――伝統を受け継ぎながら、時代の中で愛されるように発展させていくことは、とても素敵な取り組みですよね。もともと煎茶道に関する仕事をしたいという思いは、早くからお持ちだったのですか?

実は、全くありませんでした(笑)。生まれたときから自宅にお茶室があり、祖母がお茶の先生をしていたので、茶道が身近なもののはずでしたが、父が煎茶道の家元ということも、あえて隠しているようなところがありました。それは、煎茶道や日本文化の継承者という雰囲気から、由緒正しい、近寄りがたいといったイメージをもたれがちで、「私自身の所作を、色々とチェックされるのでは?」などとびくびくしていたからです。また幸いにも、家元である父は「好きなことをしなさい」という教育方針でしたので、大学卒業後も化粧品会社で営業職、その後は銀行で事務職と、茶道と関わりのない職種に就いていました。

 

――茶道が身近にあっても、島村さんご自身が敷居の高さを感じた経験があったのですね。では、現在の煎茶道の広報の活動をすることとなったきっかけをお聞かせください。

現在の仕事に就いたきっかけは、28歳のとき、財団本部から広島に戻って手伝ってほしいと声がかかったことですね。そのときは、社会人として、企業である程度達成感を持って過ごしていた頃でしたし、また逆に新しいことがしたいという思いも広がっていたので、煎茶道の世界に関わることがポジティブなものに思えました。それまで全く異なる2つの仕事を経験できたことで考え方の幅が広がりましたし、今となっては自分にとって最適なタイミングで煎茶の世界に入ったのかな、と感じています。

20160507yuki7

 

――多くの活動の様子から、順風満帆の活動を行ってきたように思えますが、煎茶道の広報だけでなく、東京でテーブル煎茶レッスンを広めたいと思ったのは、どのようなきっかけだったのでしょうか?

「色々な人に助けられて、ようやく手ごたえを感じるまでになった」という思いが強いです。仕事を初めてすぐの頃は、広島で父の秘書や事務をしているだけでは発展性がないとは思っていたものの、これから煎茶道をどのように伝えていけば、若い方々、煎茶になじみのない方に楽しんでいただけるのか、毎日手さぐりでした。

その頃、ちょうど友人のつながりで、東京国際フォーラムで、子ども向けの煎茶レッスンを行う機会に恵まれたのです。結果的に、夏休みの3日間で延べ450名ほどのお子さんが煎茶のお点前を楽しんでくださって、とてもやりがいを感じました。そこで、お子さんだけでなく20~40代くらいの方向けの教室も開催していきたいと強く感じたのがはじまりです。

 

 

※ 後編に続く

【インタビュー】煎茶の楽しさを広める―MY SENCHA SALON主宰・島村満穂さん【後編】

<コフレなひと>
島村満穂(しまむら・みちほ)

一般財団法人煎茶道三癸亭賣茶流・3代目家元である島村仙友の娘として、幼い頃から煎茶道に親しむ。東京女子大学卒業後、化粧品会社勤務などを経て、三癸亭賣茶流の広報として東京と広島を拠点に活動。現在はMY SENCHA SALON専任講師としてテーブルで行う点前を中心に、東京・表参道で教室を展開している。さらに、着付けサロンや和菓子教室とのコラボ企画や、オーダーメイド茶器の製作、ケータリング煎茶などを、数名のインターンとともに行う。流派が大切にする「いつでも、どこでも、だれでも出来る煎茶道」をもとに、現代風にアレンジされた日常で実践しやすい点前の普及に努める。

Interview・Text・Photo:Yuki Ishihara

 

About the author

yukiishihara

yukiishihara

“コフレ=宝石を入れる小箱”のような、キラキラ、ワクワクした情報を詰め込んだサイトがオープン。美容や旅など、明日のキレイをつくるポジティブな情報をお届けします!