美容でバリ島の女性のQOLを高めたい!女性社長のビジネス奮闘記【インドネシア美容サロン】

Interview-インタビュー

バリ島の女性のQOLを高めたい!と活動する、女性社長に密着

「神々の棲む島」とも呼ばれている、インドネシア・バリ島。

ホテルの庭から海を臨みながら「バリ島が大好きで、ウェディングもここでしたんです」と話してくれた、東京・中央区でトータルビューティサロン『Grand~dua(グランドゥア)』を経営する、藤井愛子さん。

インドネシア屈指のリゾート地であるバリ島に魅せられて、「いつかこの地に貢献をしよう!」と熱い思いを持ち続けてきた愛子さん。日本ならではの高い技術や製品の魅力をインドネシアにも伝えたいと思い、美容プロジェクトをスタートさせました。

20170226yuki1

すべての女性が個性を発揮し、自信を持てる社会を創りたい

『Grand~dua 美容プロジェクト』では、美容のパワーで、発展途上国に暮らす女性たちのクオリティ・オブ・ライフ(QOL ※1)を向上させ、自信を持って生きていけるきっかけ作りを目指しています。

プロジェクトを先導するのは、インターナショナルビューティコンサルタントの小笠原 彩さん。

彩さんはヘアメイクアップアーティストとして10年以上にわたり、ロンドン・ニューヨークの異なる文化や人種の中で、多くのファッションショーや雑誌・広告などでメイクアップを手掛けてきた30代女性。たくさんの華やかなショーや雑誌の撮影現場でメイクアップを担当することは、多くのヘアメイクアップアーティストの憧れであり、それは彩さんもしかり。刺激とやりがいに満ちあふれていたそう。しかし、「商業的で自己満足に陥っているのではないか。自分の行っていることの意味を、この先見出せるのか」という疑問も、同時に感じていたと話します。

「ロンドン在住時に旅行で初めてバリを訪れたとき、路地裏で女性たちが子どもを抱えながら、ぎゅうぎゅうのバスに乗っていたのを見て、ここでは先進国とは違って女性が活躍できる場がないのではないか? と感じました。自分は彼女たちと同じ女性だけれど、仕事でやりがいや喜びを得て、成長できたと自信を持って言えます。ここでも手に職をつけることで、女性が活躍できるのではないかと感じ、そのような手伝いをしたいと思いました。ショーや撮影現場で仕事をしながら、そんな気持ちを温めていたんです。」

その後、活動の場を東京に移してコンサルタント業務を本格的にスタートし、美しくなることの喜びを広く伝えるべく、東南アジアでの美容プロジェクトに参画したという経緯があります。

※1. 個人の人生の質や社会的にみた生活の質のこと。人がどれだけ人間らしい生活や自分らしい生活を送り、人生に幸福を見出しているかを尺度としてとらえる概念。

pick up!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。