八戸の3坪から始まったビナーレ。ブログ&ユーチューブも人気のママ美容家・田中愛さんのタフさの秘密

Interview-インタビュー

母に憧れて、大好きな美容を仕事にしようと決意!

青森県で3坪から美容サロンをスタート。テレビや動画などで顔筋体操などを紹介するなど、美容家として人気を博している、田中愛さん。

オールアバウトの小顔ガイドなどで活躍するほか、現在は多岐にわたる美容のお仕事に加え、3人のお子さんのママでもある、スーパーウーマンです。そんな愛さんに、大好きな美容を仕事にしたきっかけから、仕事と家庭の両立まで、たっぷりとお話をうかがいました。

――もともと小顔メソッドが人気を集めていた愛さんですが、現在では、どのようなお仕事をなさっていますか?

オリジナル基礎化粧品の考案・開発から販売まで、エステサロンの運営、インフォマーシャルのコメンテーター、美容グッズ(雑貨)の開発、美容コラム連載などに携わっています。

――幅広く活動をなさっていますが、今のお仕事をはじめたきっかけを教えていただけますか?

もともと、物心がついたときから母が美容関係の仕事をしていたので、美容は身近なものでしたね。早くから美容に興味が強かったので、社会にでてすぐには、『ファンケルスクエア銀座』のコンシェルジュをしたり、母の経営するサロンを手伝うなど、美容の技術者として働いていました。この頃から、オリジナルの保湿クリームなどの開発も行っていましたね。

青森で、3坪の小さな部屋からエステサロンをスタート

――ご自身のエステティックサロンは、東京などの関東圏ではなく、青森で始められたのですよね?

そうなんです。結婚を機に、関東から青森県・八戸市に引越しをしたことから始まりました。しかし、八戸市で周りの方が持っていたエステのイメージを聞くと、「高額契約させられる」「勧誘が怖い」など悪いイメージばかり・・。

そこで、今までの私の経験を活かして、主婦がお小遣いで来ることができる美容室感覚で通っていただけるようなエステティックサロンを作りたいと思い、3坪の小さな部屋でサロンをはじめました。美容を通して、一人でも多くの女性にキレイになることのすばらしさを、もっと実感してもらいたいという思いで仕事をしていました。

海を越えて、お客様が青森のサロンへ来てくれた喜び

――八戸でお仕事をされる中で、やりがいを感じた瞬間や出来事についてお聞かせください。

今まででいちばん印象深い出来事とは、エステティシャンとしてお仕事をしていたときに、香港からわざわざ私のサロンにエステの施術を受けに来てくれた方がいました。その方が「いつも動画を見て、美容を頑張ってます。愛さんのおかげで前よりも自分に自信が持てるようになりました」と、言ってくださいました。そのときは「本当にこの仕事をしていてよかった!」と、心から思いましたし、また、美は世界共通の女性のテーマだということを強く感じましたね。

――感動的な瞬間ですね! サロンでは本当にたくさんの出会いがあったのでしょうね。

pick up!

Related Entries

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。