• HOME
  • ブログ
  • Travel
  • 【2018年末リニューアル後】韓国ソウル・仁川空港のチェックイン+ビジネス&ファーストラウンジを詳しくレポート!

【2018年末リニューアル後】韓国ソウル・仁川空港のチェックイン+ビジネス&ファーストラウンジを詳しくレポート!

Travel

アシアナ航空が、もっと便利で快適に@仁川国際空港

仁川国際空港のターミナルは、明るく開放的。どこを見ても人が多く、東アジア最大の国際空港の一つであることを実感します。

さっそくアシアナ航空のチェックインカウンターへ。

アシアナ航空のカウンターは、2018年10月1日に仁川空港第1ターミナルの西側から東側に移転したばかり。出発ロビー3階のAカウンター(1番ゲート前)という“入口”に移転したことで、より便利に利用できるようになりました。

また、「プレミアムチェックインゾーン」が新設され、プレミアムクラスの乗客(ファーストクラス・ビジネスクラスの乗客、アシアナクラブプラチナ会員、ダイヤモンドプラス会員)にとって、さらに満足度の高いサービスが受けられるようになったのも話題です。優先カウンターでのチェックインは、行列とは無縁。スピーディに手続きができますよ。

アシアナ航空の”優しさ”が垣間見えるサービスにほろり

リノベーションされたのは、このゾーンだけではないんです。後ろ側に目をやると、全てのチェックインカウンターを含む一帯が、明るくスタイリッシュな印象を放っています。

中でも特筆すべきは、2つのカウンター。「ハッピーマムサービス」は、一人で3歳未満の乳児を連れた女性の乗客が優先搭乗でき、到着空港では受託手荷物の優先引渡しも受けられるという、気遣いが感じられるもの。

隣の「ファミリーサービス」は、付き添いの方なしに渡航する70歳以上の高齢の乗客、一人で7歳未満の乳幼児および小児を2人以上連れた乗客が、出国審査を終えた後、ゲートまで担当スタッフのサポートが付けられるというもの。(一部有料の場合もある)さまざまなサービスに、アシアナ航空の優しさが垣間見えてきます。

ファースト&ビジネスラウンジは、居心地抜群すぎる!

ソウルでストップオーバーし、ヴェネツィアへの出発まで快適な時間を過ごせるのは、やはりラウンジの存在が大きいと言えます! 第1ターミナルには、中央(セントラル)と東(イースト)の2カ所にビジネスラウンジがあり、イーストラウンジの隣にはファーストラウンジがあります。

イーストとセントラルラウンジの内部のレイアウトは同じで、イーストでも十分な広さですが、セントラルラウンジの巨大さには驚きました!

ファースト・ビジネスラウンジともに、搭乗券のバーコードをピッとかざすだけで入室するハイテク仕様で、混雑時の利便性も高いですね。そのままラウンジの内部に進むと、まず廊下スペースの幅広さに目を奪われます。

PC作業などに適したコンセントを備えた大きなデスクのそばを抜けると、丸テーブルを囲むように1名掛けソファが4つずつ並んだスペースが。

オリジナルビールや、うどんなど軽食が充実!

さらに奥へ向かうと、ドリンクカウンターが見えてきます。毎日17時~18時にはアシアナ航空オリジナルのハンドクラフトビールをサーブしていただけるので、その時間に立ち寄れればぜひ味わってみては?

窓際には機体を眺めながら作業ができるデスクとチェアのほか、コの字型に囲われたプライベート感満点の一人用ソファも置いてあります。足元にはオットマン付きで、リラックス度は抜群! うっかり眠りこけて搭乗時間が過ぎてしまわないように気を付けないと!

フードカウンダーには、韓国ならではのキムチや「辛ラーメン」なども充実。全てのラウンジが6時~24時までの営業で、ファーストラウンジでは、深夜や早朝のフライト前の胃腸にも優しい、うどんもオーダーできます。

TVを観ながら人目を気にせず寛げる部屋や、完全個室のマッサージルームがあったり、シャワールームも3つ完備されているのだから至れり尽くせり。

非日常感に浸れて空港でのひとときが楽しみの時間に変わるラウンジは、トランジットの時こそ存分に使いこなしたいですよね! クオリティの高さを感じるラウンジ探訪でした。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。