1度の旅で2度満喫! わざわざソウル経由でヴェネツィアに行く理由とは?【A380・成田→仁川ビジネスクラス】

Travel abroad-海外旅行

A380、成田→仁川ビジネスクラスフライトをレポート

アシアナ航空が仁川-ヴェネツィア線を開設したのは2018年5月のこと。実はソウルは、ヨーロッパの都市に出かける際には、とても魅力があることをご存知でしょうか?

近距離路線でも贅沢なA380を体験できることに加え、仁川国際空港は施設が充実していて、ラウンジの居心地も良く、ハードとソフトの両サイドから楽しみが目白押し! ソウルでストップオーバーしてヴェネツィアへ向かうと、アジアとヨーロッパの旅を両方満喫できるのです。そこで今回は、アシアナ航空で行く優雅なヴェネツィアを旅を、まずは、フライトの情報からたっぷりお伝えします。

アシアナ航空に乗って、まず成田国際空港から韓国の仁川(インチョン)国際空港へ飛び、仁川空港でストップオーバーを経て、イタリアのヴェネツィアへとフライトするというもの。ちょっぴり“上級者感”のある旅です。

唐突ですが、この時にふと思い出したのは、近頃ウェブ記事で話題の“エアポートおじさん”の存在。彼らの定番投稿と言えば、出発ロビーの電光掲示板やラウンジなどを写し、SNSでリアルタイムに「どこに行くでしょうか?」と謎を投げかけ、フォロワーの女子たちを震えさせているそうですが、私も同様に、これからソウルでストップオーバーし、ヴェネツィアに向かうという少々トリッキーな旅をする自分を見せつけたくなる衝動に駆られてしまいました(笑)。

さて、ビジネスクラスの優先搭乗案内を聞くやいなや機内に乗り込むと、薄いグレーの制服に身を包んだクルーが、朗らかな笑顔で迎えてくれます。ビジネスクラスのインテリアはベージュやアイボリーホワイトが基調となり、優しさとシンプルモダンな雰囲気が掛け合わさった心地よさを全身で体感できますよ。

早速クルーに案内されて自席に向かうと、そこには機能性と快適性が両立した快適な空間が広がります。シートピッチは77インチ(195.5cm)とパーソナルスペースは十分。穏やかな色味とレイアウトの快適性も手伝って、さらに広々と感じられます。

窓際の席に備え付けられているサイドポケットにも十分な奥行きがあり、かなりの収納力!

とりわけ女性の場合、自席やラバトリーで使いたい小物類がちょこまかあるものですが、短時間のフライトではそれぞれ取り出して収納するほどでもないなぁ…と感じるもの。そんな成田―仁川線のような短距離フライトこそ、近くに置いておきたい貴重品やポーチなどを収めた小さめのバッグが、そのまますっぽり入るスペースには小さな感動を覚えてしまいます!

短距離便なので、アメニティはありませんが、トイレにはこの通り、ロクシタンの美容アイテムがずらり!

pick up!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。