【メイク】25歳からロンドン・NYで活躍した小笠原彩さんの、覚悟と決意

Interview

プロのメイクアップアーティストとして10年以上にわたり、ロンドン、ニューヨーク、東京と、最前線のファッションやビューティシーンで活躍してきた小笠原彩さん。異なる文化や人種の中で、それぞれのシーンにあったメイクアップを提供し、内面の美しさを引き出しながら行うメイクを得意としています。

2015年の秋からは、東京をベースに活動の幅をさらに広げている彩さんに、仕事でグローバルに輝くための心がまえ~美のチカラまで、たっぷりとお話をうかがいました。

最高峰のメイクの世界を見たいという一心で、25歳で渡英

――彩さんは早くから海外に出られて活動をされていますが、今のお仕事をはじめられたきっかけはどのようなものでしたか?

10代の頃からメイクの世界には興味がありましたが、私は最初にこの仕事に就こうと思ったときから、やるからには世界最高峰のものを見ようと決めていました。そこで、業界でも最も有名なショーのバックステージに入ったり、世界で一流と呼ばれている方の仕事を見たいと感じ、25歳の時に渡英しました。

メイクアップというものに一番最初に感銘を受けたのは、『スターウォーズ』と『フィフスエレメント』でした。人物を外見からのクリエィションで、こんなにも壮大なストーリーを作ることができるんだ! と衝撃を受け、自分の力で何かを作りたいと気持ちを新たにしたことを覚えています。

怖さを楽しみに変えた、タフなロンドン生活

――当初からとても熱い気持ちをお持ちだったんですね! ロンドン生活ではどのような思いで活動なさっていましたか?

ロンドンでは、とにかく”強さ”が身に着いたと思っています。最初はもちろん言葉の壁や文化の違いにすごく苦労し、悔しい思いもたくさんしました。でも決断は全て自分の責任ですし、やると決めたことはどんなに苦しくてもやらないといけないと思い、諦めずに進みました。異文化の中で、仕事を自分で掴まないといけないので、最初はとても苦しかったです。

しかし、次第に怖いという気持ちはなくなり、むしろプレッシャーと責任がある方が、ワクワクできるようになりました。これは早くから海外に出て、自分の力を信じ、周りの支えに感謝しながら挑戦できたことで培われたものかなと思います。そして人や物事を許せるようになるという、気持ちの強さも身につきました。

”レジェンド”と呼ばれるチームで仕事ができたことが糧に

――タフな環境で、自分を見つめ、仕事を掴んできたのですね。とくにやりがいを感じたお仕事について教えてください。

海外の仕事でとくに嬉しかったことは、ファッションメイクアップ業界でも“レジェンド”と呼ばれている方のチームに入り、ヘアメイクのお仕事ができたことですね。その中でも、自分の手で人に喜びを与えられたときは、本当にこの仕事に就いて幸せ!と感じます。外国の方は喜びを素直に表現してくださることが多く、とてもやりがいを感じていました。

私はすごくラッキーなことに、最初からトップの現場に入っていけましたが、それはつねに周りに素晴らしい方々に囲まれているからだと思っています。そのため、いつも周りに感謝することと、自分に何ができるかということを考え、仕事に取り組むようにしています。

ニューヨークでは、様々なファッション誌やショーで活躍

――活動の場をニューヨークに移してからは、どのような場所で美を提供されてきたのですか?

主に海外の『VOGUE』をはじめとしたファッション雑誌、『ジョルジオ アルマーニ』や『マイケル コース』をはじめとしたファッションショー、『ヴィクトリアシークレット』などの広告のメイクアップに携わりました。また、ハリウッド女優をはじめとしたセレブリティークライアントのメイクアップも担当させていただきました。

メディアのお仕事のほかには、最新の美容トレンドを含めながら、メイクアップ、エアブラシ、ヘアスタイリング、まつげエクステンション、エステなど、一般の方々にも美に対する幅広い提案を行ってきました。

最近では、幅広い美容関連のトピックについての講義を行う経験もさせていただき、美のチカラを大いに感じているところですね。

東京では、美容コンサルティングとプロデュース事業を展開

――名だたるショーや雑誌などで、メイクを担当されていたのですね! 今は活動のベースを日本に移したそうですが、どのようなお仕事をなさっているのですか?

4年ほどニューヨークでメイクアップアーティストとして活動してきましたが、2015年の秋より、活動の拠点を東京に移しました。現在は海外での経験を生かし、美容のコンサルティングと美容プロデュースの会社を立ち上げ、セミナー、講演を始め色々な美の発信をしています。

その中の代表的な事業として、日本の美を写真と体験を通して海外に発信するプロジェクトや、東南アジアでの美容の質を上げていく社会貢献事業にも取り組んでいます。その傍ら、引き続きニューヨークでのお仕事も続けています。

最近では、様々な雑誌インタビューやハリウッドでのテレビ出演などを通して、日本と海外を行き来するようなスタイルで仕事をしています。他にも、多くの方に新しい美を発見して頂けるような美容商品の開発も、大切なお仕事ですね。

自分が安定してこそ、幸せが生まれる

0228yuki13

――長く海外で活動されてきた彩さんだからこそ、日本の美しさや素晴らしさが貴重なものとして感じられるのでしょうね。日々、お仕事を行ううえで、心がけていることはどのようなことですか?

焦らないことと、自分を持つことですね。昔はただがむしゃらに、努力をしたり頑張るという意識でしたが、今は自分自身のバランスと軸の安定のために時間の使い方を工夫したり、楽しく幸せに、そして有意義に自分自身を動かせるような仕事の仕方をしています。迷ったときは、そこでどんな幸せが生まれるかな、と考えるようにすると上手くいくことが多いように感じますね。

――彩さんと接していると、今はとても心地よい状態でお仕事ができているというように感じます。やはり海外での経験が、彩さんの考え方に大きな影響があるのでしょうね。

そうですね。私の人生の中で、経験してよかったことは海外でチャレンジしたことです。思えば、幼少の頃から、色々なことに疑問をもつ変な子でした(笑)。「なぜ、みんながしているからって、同じことをしないといけないの?」と無邪気に聞いていました。何かをすることの意味や理由を知りたい子だったんですね。物の本質を見ようとする力はそのような変わった所から養えたのかもしれません。

それが、海外でチャレンジしたいという思いにつながったと思いますし、たくさんの経験にも生かされているのかなと感じます。海外で挑戦したいと考えている方は、ぜひ、一歩踏み出していただきたいと思います。反対にしておきたかったことは、企業に入ることですね(笑)。

東京でも幅広い分野で、美容を軸に据えた仕事を継続

――お話をうかがっていても、お仕事が好きという気持ちが伝わります。現在は、どのような一日を過ごすことが多いでしょうか?

基本的には色々なプロジェクトやお仕事をいつも抱えているので、その時によりスタイルが全然違いますが、何か一つのことだけ、一つの仕事だけをする日はないですね。多忙な日は午後まではオフィスでこの仕事をしてここからは別に契約している会社に行き仕事をして、その後別のプロジェクトの打ち合わせをし、最後にジムか友人とリフレッシュのために飲みに行ったりします。打ち合わせも多いのでいつも色々な作業を、隙間時間にも詰め込んでいます。ですので、完全にお仕事をしない日はほぼありません。

――多忙な毎日だと思いますが、普段はどのようにリフレッシュなさっているのですか?

リフレッシュ方法はジムで体を動かすことなので、必ず時間を作り週5回は行くようにしています。特に週末は、しっかりリフレッシュできるようにトレーニングを行っています。

それに、疲れを感じたら一人でワインを1杯飲むこともありますね。時間を自由に使って、型にはまらないライフスタイルを過ごせているので充実しています。

――彩さんの美容のテクニックについては、他のページで詳しくご紹介するとして、最後に『COFFRET』読者の方へのメッセージをいただけますか?

メイクアップとは、ただ塗るだけのものではありません。顔は一人一人の内面を映し出すもの、そしてそれを輝かせる手段がメイクアップです。そして外面をその方らしく美しくした結果、より一層内面をも美しくアプローチできる、それが本来のメイクアップの力です。メイクや美を楽しみながら、毎日を幸せに生き生きと過ごしましょう!

――彩さん、たくさんの素敵なお話をありがとうございました!

小笠原彩(おがさわら・あや)

ビューティープロデューサー/コンサルタント。メイクアップアーティストとして、10年以上にわたり、ロンドン、ニューヨーク、東京など、最前線のファッション・美容のシーンで活躍。異なる文化や人種の中で、内面の美しさを引き出しながら、多くのファッションショーや雑誌・広告などでメイクを手掛ける。また、メイクアップ、エアブラシ、ヘアスタイリング、まつげエクステンション、エステなど、美に対する幅広いサービスも提供。2015年に美容プロデュース・美容コンサルティングの会社を立ち上げ、アジア方面での美容を通した貢献事業や人材育成、商品開発も行っている。

Interview・Text・Photo:Yuki Ishihara

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。